等身大の視野

等身大の視野

行き当たりばったり、体当たりであれこれ挑戦中!

性器ヘルペスになったった@1回目(カンジダじゃなかった!!)

※画像あり注意

 

【10日目】
特に何の問題もなく過ごしていた・・・・のは午前まで。
(あれ?足の付け根めっちゃ痛い・・・足組めないレベル・・・・)
でもこの日は夜飲み会がまっているので、そんなことかまってられない、
なぜなら酒がまっている!ご飯がまっている!!

ということで、放置。
そして宴中にことは起こった・・・
(陰部~肛門部にかけてめっちゃ痛いんですけどー!!!)
笑顔を崩さずポーカーフェイスでこなせる程度にはがまんできる範囲だけど
なんだかんだとズキンズキンとずっと痛い

ここで確信できることはただひとつ
「絶対カンジダじゃないだろ、お医者様!!」

ってことで、ここからは次の日が土曜ということもあり、徹夜で医者探し。
というのも、四朗のところも今回のところも職場からは近いけどこの痛さのレベルだと自宅からは死ぬほど遠い。
性器ヘルペスなら婦人科でなくても皮膚科でもOKらしいけどあのM字体制を
取るならせめて婦人科がいいのが乙女心。

そこでしらべまくって明け方6時
私好み(総合病院じゃない)の医者様発見・・・。しかも駅からそんなに遠くない。
予約なしでも行ける!!
↑これ大事。だって具合悪いから行くんだもん。
2時間ほど気を失う(眠くて)

【11日目】
門が開くと当時に行く予定が、着る服がない!事件フォーエバーで
てんやわんや。結局、予定より30分ほど遅れて到着・・・があんまり
人がいない・・・;;
とにかく受付を済ませ、初診表の記入をし、よくわからん政治放送を
見続ける事10分。
「りこさーん、どうぞ!」
通されたのは小柄な女医さんが待つお部屋。でも、クールな対応にM心をむずされました。
いままでの経緯を説明しましたが・・・
カンジダは検査されました?」
「いえ、目視で」
「目視で??確認してないんですか?」
「・・・はい」
「取りあえず見てみましょう、検査台へどうぞ」

とまたいつもの検査台へ。
最近の検査台って足開いたらお尻の床の板パコって外れるのね。
進化に感動!でもお尻が不安になる!
「おりもの採取して顕微鏡でみてくるのでそのまま待っててください」
とのことで、M字開脚したまま5分ほど放置・・・
興奮したらどうしてくれる!というより、これトイレ行きたくなったら
詰むなにそわそわ
時折看護師さんが

「つらくないですか?ごめんなさいね~おほほほ」

と声掛けしてくれますが、カーテンの外側なんで私の陰部と会話してる
状態、いたたまれない・・・。

結果、「カンジダ菌いないですね~」
やっぱりですかーーーー!

「でも、これ痛くないんですよね?反対にもないし・・・
ちょっと医師1名追加しますね」
ということで、たぶん男性医師登場
男「え?これ痛くないの?ふーん、ここは?(足の付け根ぐりっと)」
りこ「そこは痛いです!」
男「あははwじゃあ性器ヘルペスだね。痛さはそんなにないみたいだけど、過去に性器ヘルペスの経験ないなら軽度な初発性器ヘルペスだね」
とのこと、この医師何者・・・。
診察室に戻ってからはヘルペスは一生もんだから、疲労とかストレスでなるから気を付けて
と言われ、バルトレックス5日分出しとくので、改善されなかったら追加しますね
とのことで終了。
お値段、クスリ込で¥3000-以下でした。
ちなみに、カンジタ宣言のお医者さんは¥2000-以下だったので
バルトレックスが薬価高いんだろうな!やだな!
ちなみに、よくサイト検索で出てくる塗り薬は処方されてないよ。


【12日目】
11日目の夜こそ、陰部が痒いし、また腫れちゃうしで
「先生のうそつきードS!!」
と心で罵りながらすごしましたが、12日目には腫れることなく、
痛みこそなんとなくあるけど排尿時に少しと拭くときくらい。
あと、足の付け根の痛みもなく、快適に過ごしております。

ただ、なんかお医者さんかかる前にかゆくてかいちゃったところに地味に水疱が増えてたけど、ウィルスの最後のあがきだと思ってます。悪化したらまた連絡しよっと。

↓なんかちっこいのが陰核の外側にぽちぽちと痛痒い。

f:id:ricoxlove:20151026233151j:plain

排尿困難と歩行困難になるほどの痛みには私はなりませんでしたが
陰部に口内炎っぽいものや水泡っぽい物が複数個できてたらとりあえず
婦人科に行くことをおすすめします。

なぜなら、ヘルペス移るからね!!
次回はそんな話しようかなって!