等身大の視野

等身大の視野

行き当たりばったり、体当たりであれこれ挑戦中!

健康診断タイムがやってきた

 

美容系ではないですが、いつもこの時期になると叫びたいから叫ばせて。
 
バリウム飲んだことある人いるかしら?
 
30代にもなると健康診断の項目に、【バリウム】というものが見え隠れいたします。
 
これでわかる項目は【食道、胃、十二指腸】が元気かな?という検査なんですが・・・
 
確かに30代にもなればそこらへんの大変お世話になってる臓器には元気でいてほしいので検査は大事です。
 
でも、検査方法が地味に拷問めいてるんですよね。
 
検査方法としては、
 
発泡する粉を口に入れる→バリウムで流し込む→ゲップしない
 
なわけです。
 
この、ゲップしないがほんと試練です。
 
炭酸飲料一気飲みしてゲップするなというようなもんで。
 
無理なお話ですよねぇ。
 
でもミスすると延々やり直しなんですよ。
 
しかも、ゲップがまんしてるだけならまだがんばれますが、病院によっては、そのまま
 
「右斜めに」「もっとひねって!」
 
とポージング指定入るとこあるんですよね。
 
こっちからしてみればゲップがまんしてるだけでも褒めてもらいたいのに更にポーズ指定となればもう意識があっちゃこっちゃでゲップするよね。
 
そこでミスれば先生の溜息付でまた追バリウムです。
 
そんな拷問じみたバリウム検査終わると途端に下剤タイムです。
 
これまた第二の拷問なんですが、あんなに一生懸命飲んだバリウムを今度は
 
「さっさと出せ」
 
と言われるんですよね。
 
ちなみに、バリウムが固まってでなくなるとうっかり胃腸炎になったり、腸閉そくになるんですよ~って白衣の天使が言ってました。
 
笑顔で恐ろしいこと言いますよね。
 
お腹の中で固まったら大変なのは良くわかるんですが、朝から何も食べずにやっと口にできたものがバリウムで、余韻に浸る暇もなく下剤です。
 
挙句に、下剤飲んじゃうからお昼ご飯お外でランチ♪なんてことができないんですよね。
 
トイレのある所にいたい所存。
 
こんなに長々書いてて、何が言いたいかというとですね・・・。
 
「味選べるとかいう進化いらないからもっとバリウム検査楽にして!」
 
ということでした。
 
ちなみに、私が受けた病院では
 
・いちご
・チョコ
・バニラ
 
が選べましたよ。嬉しくない!